星に願いを~ヒゲが無くなりますように~

先日、何気なく昔の写真を観ていたら後輩スタッフが

えっ、これ谷山さんですか?脱毛してよかったですね。と驚いていました。

写真を観てみるとヒゲが濃い。それ以上に肌の赤み、肌荒れがヒドイヒドイ。

入職前の私は、毎朝のヒゲ剃りで肌を痛め、赤み、ヒリツキ、出血に毎日悩んでいました。マスクをするとマスクの摩擦や蒸れで痒くて痛くて。

痒みや痛みがヒドイ時はヒリツキで眠れずに涙を流した夜もあります。

ヒゲが濃く生まれたことを嘆き

ヒゲがなくなりますように!

ヒゲがなくなりますように!

ヒゲがなくなりますように! ついでにイケメンになりますように!!!!!

そう流れ星に願っていたら当院に入職前のある日、SNSで当院院長の脱毛の記事を読んで興味をもって脱毛治療を受けてみることにしました。

当院の優しいスタッフさんに施術をしてもらい見違えるようにキレイになりました(#^^#)

願いが叶った(*´▽`*)

毎日の髭剃りから解放されて自由の身になった気分です。さらに、若返ったと周りの友人からの評判も良く、何より肌がキレイになりました(#^^#)

もうカミソリ負けで痛くて夜眠れないことはなくなりました。また、朝ヒゲ剃りをしなくてもいいので朝の時間が有用に使えるようになりました、

同じようにヒゲが濃くて悩んでいる男性にこの快楽を届けたい!!!

もちろんヒゲが似合っている男性もいます。私もヒゲを伸ばしていた時期もありました。こっそりとヒゲの似合う男性に対しての憧れももっています。

しかし、仕事柄ヒゲを生やすことのできない方、ヒゲがいらないと思っている方はたくさんいると思います。毎日の髭剃りでお肌を傷つけている行為いつまで続けますか?

最近は、ありがたいことにヒゲ脱毛経験者の紹介で来てくれる患者様も増えてきました。それでも街を歩けばカミソリ負け、青ヒゲの男性をよく見かけます。

痛いほど気持ちが分かるので、声をかけてそのまま脱毛室に連れ込んで脱毛をしてあげたいくらいです。

老子の格言で、「授人以魚 不如授人以漁」という言葉があります。

お腹を空かせている人に魚をあげても一日の空腹しか満たすことはできないが、魚の釣り方を教えれば一生食べるものに困らないという格言です。

谷山の格言は「授髭男以剃刀 不如授人以脱毛」です。

ヒゲが濃くて悩んでいる男性のヒゲを剃ってあげてもその日のヒゲしか処理できないが、脱毛を施術してあげれば一生ヒゲの悩みで困らないという迷言です。

ヒゲは、脱毛or生やすだと思います。毎朝のヒゲ剃り10分間を30年続けると75日分の時間になります。たった一度の人生をもっと楽しいことに使うべきだと思います(;^ω^)

どうです?ヒゲ脱毛してみませんか?

PS.流れ星さんありがとうございます。ところでイケメンになりたいという願いはどうなりましたか?

関連記事

  1. お腹いっぱいの韓国社員旅行

  2. メンズサロンの看板を描いているのは!?

  3. トライアスロンワールドカップ宮崎大会

休診日のご案内