第1回スタッフが受けたい治療選手権~前半戦~

今回は、皮膚科スタッフAさん考案の

第1回美容医療の現場で働くスタッフが実際に受けてみたい治療選手権(前半戦)を発表していきたいと思います(*^▽^*)

パチパチパチ(*^▽^*)

美容医療を検討している方は参考にしてみてください(#^^#)

それでは、いきましょう(*^▽^*)

皮膚科スタッフAさん 『ダーマペン』

ダーマペンとは
髪の毛よりも細いマイクロニードル(極細針)を電動で振動させ皮膚に微細な穴を無数に開けていきます。皮膚が本来持つ創傷治癒力(傷を治す修復機能)を高め、肌の生まれ変わりを促して若々しい肌へと導く美肌治療です。

選考理由
自分でも肌がキレイになったことを実感。艶、美白効果ありまくりです。普段あまり褒めない先輩から褒められました。現在3回治療中です。とアピールしていました(^^;)


事務スタッフM 『MWデュアルリフト』

MWデュアルリフトとは
MWデュアルリフト®は、医療用のPCL素材(ポリカプロラクトン)でできた吸収糸を使った切らないリフトアップ治療です。フェイスラインをシャープにしたり、頬のたるみの引き上げ、ほうれい線やマリオネットラインの改善に適しています。

選考理由
マスクを取った顔を旦那さんに見られて「たるんできたね」と言われたみたいです(*_*) 頬をひきあげたいと頬の引き上げ治療を希望されていました。


事務スタッフNさん 『Dr.EVO(ドクターエボ)

Dr.EVOとは?
Dr.EVO(ドクターエボ)は、特殊技術を応用し、超音波の強力な振動を利用して皮膚の真皮層に熱を発生させ、肌の深部に作用することで、肌の活性化を促し、引き締め・アンチエイジング効果が得られる医療機関専用の美容機器です

選考理由
40代はタルミだべ・・・


オペスタッフAさん 『アートメイク』

アートメイクとは
専用の針を使用し、皮膚の浅い層へ色素を着色させ眉やリップ、ヘアーを形作る施術になります。色素は人体に害のないものを使用し、針は個別包装のものを使用いたします。自然な仕上がりを重視するため、タトゥーなどとは異なり皮膚の浅い層に2~3回の施術をかけて少しずつ色素を定着させていきます。

選考理由
いつも自分が施術をする側なのでアートメイクを受ける側の気持ちになって勉強したい。(アートメイクは、男性・女性ともに人気急上昇中の治療です)


オペスタッフNさん 『ボトックス注入』

ボトックスとは
表情を作った時に出るシワを治療するのに有効な方法です。治療後3日目ごろから効果が発揮され、3ヶ月から半年ほど持続します。3ヶ月~4ヶ月に1回、化粧感覚でお受けいただけるプチ整形です。

選考理由
あれもしたい。これもしたい。次々と受けてみたい治療が出てきました。その中で1番気になる、しわ治療のボトックス治療を選びました。リピート率が高く、男女ともに人気の治療ですので是非ご検討ください(#^^#)


オペスタッフOさん 『とにかくタルミを取りたい』

選考理由
オペスタッフOさんは、受けたい治療ではなく、心からの願望を叫んでくれました。「とにかくタルミをとりたい」というお悩みでの来院、もちろん可能です。その方に合った治療法を提案させていただきますので、是非お問合せ下さい(^-^)


以上、前半戦でした(^-^) 後半戦もお楽しみに(^-^)

前回のここはどこでしょうクイズの答えは日南市の道の駅酒谷です。

周囲には全国棚田百選の「坂元棚田」をはじめ、酒谷キャンプ場、小布瀬の滝、大谷石橋などがあり、自然を満喫できます(^-^)

分かりましたか?

さすがに今回は、正解者は僕の元に現れませんでした。

撮り方が悪い、もっと特徴を写すべき。などクレームはたくさんいただきました。意見をいただいた皆様ありがとうございました。

では、反省を踏まえてここはどこでしょうクイズ

難易度 Ⅲ 宮崎県のとある場所です。

分かった方は、超マニアック(*´ω`*)

関連記事

  1. しあわせを決めるのは?

  2. 点滴治療の紹介と火災訓練

  3. 第6回 Mr.バニーさん 腕脱毛施術編

休診日のご案内