継続は力なり(^^)/

こんにちは☺

宮崎の春は暑いですね。
コールドシャワーがより気持ちいい季節になってきましたね(^-^)

今後も継続していこうと思っております。


前回新しく始めたことを記事にしましたが、皆さんはなにか新しく始めた、または継続しているものはありますでしょうか(^^)

私はイケてるメンズを目指しており日々挑戦を続けております。


脱毛もその一つで、イケているメンズになるためには日々の努力が大事であることを感じております。



脱毛以外で継続していることと言えば、、

日焼け対策です(^-^)


日焼け対策も努力をしないと意味がなくなってしまいます。(個人的な考えですが)

日焼け止めクリームや帽子を利用したりと意外と簡単ではないのかなと思ってます!(^^)


日焼けですが脱毛を開始したら特に


特に、、


特に


特に必要となります(^^)/


日焼けをしていると脱毛の経過が悪くなるだけでなく、火傷などのリスクになるため日焼けはしないようにと施術前にお伝えしております。

日焼け止めといってもさまざまな種類があるので参考程度に記載します☺

日焼止めには種類があり、

紫外線吸収剤

肌の上で紫外線を吸収し熱エネルギーに変えることによって、肌を守ります。
メリットとして、紫外線を防ぐ効果が高いことや、原料が透明で白浮きしないこと、使用感がサラッとしていて、伸びがよいことなどがあげられます。ただし、人によってはアレルギー反応が起きたり、かぶれたりしてしまうことがあります。

紫外線散乱剤

細かい粒子によって、紫外線を反射、散乱させて肌に届かないようにします。
その一方で、肌への刺激は少なく、敏感肌の人や小さなお子さんでも肌荒れを起こしにくいというメリットがあります。このように、紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤を中心に作られた日焼け止めには、「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤フリー」などと記載されています。最近では、白くなりにくい原料を使ったものや、ブルーライトや近赤外線もカットできる原料を使ったものなども開発されていて、ノンケミカルの日焼け止めもバリエーションが広がってきています。



シーンに合わせたSPF・PA値で選ぶ
日焼け止めでまず気になるのが、どれくらいUVカットをしてくれるかです。紫外線防止効果を示すのがSPF・PA値です。SPFは、紫外線B波(UV-B)の防止効果を示す数値のことで、数値が高いほど紫外線防止効果が高くなります。PAはシミ・シワの原因となる紫外線A波(UV-A)を防ぐ効果の指標で、+の数が多いほど、効果は高くなります。

SPF・PA値は高ければ良いというわけではありません。紫外線防止効果が高ければ肌への負担が増えてしまうので、シーンに合わせて適切なものを選ぶようにしましょう。SPF・PA値の選び方は以下を参考にしてみてください。

SPF30~50+、PA++++:海やプールなどのレジャー、炎天下でのスポーツなど
SPF20〜30、PA++前後:屋外での軽いスポーツなど
SPF10~20、PA+~++:通勤や買い物など日常での使用

②タイプで選ぶ
日焼け止めにはジェルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプなどさまざまなタイプがあります。それぞれ使用感やテクスチャーが異なるので、好みのものを選びましょう。後ほどタイプ別におすすめの日焼け止めを紹介するので、そちらも参考にしてみてください。



いまからの時期日焼けをしないことが難しいですが、、

日焼け対策を頑張ることで脱毛時の火傷リスクを減らせたり、脱毛後の経過を良い方向へ持って行けたりといいことばかりです☺

シミ対策にもなりますし日焼け対策をすることでメリットしかないと思います(^^)/


将来の肌を決めるのは自分自身ですので今後も頑張っていきたいとおもっております☺

今日が自分にとって一番若い日なので将来の為に自分のために挑戦していきます!!!

継続は力なりですね(^^)/


でわ(^^)/

















日焼けしているこんがり系男子がモテていた時代もあったなあとしみじみ、、。

髪は盛り盛り前髪はM字バング、、。

時代はまた回りまわっていくのでしょうか。。。

関連記事

  1. 免疫力を高めよう 2020 夏

  2. 夏季休暇のご案内と夏の風物詩

  3. テレビ告知!!!Check!

休診日のご案内