変わらないモノ

最近クリニックのスタッフルームに、うまい棒がたくさん置いてあります。忘年会の景品でオペスタッフのMさんが、1年分を当てて、クリニックに持ってきてくれました(*^▽^*)


写真は、ほんのほんのごく一部ですが、たくさんの種類のうまい棒があって夢のようです(*‘ω‘ *) 

小さい頃、お小遣いを握りしめて近所の駄菓子屋によく買いに行っていました。10円で買える安さ、そして何よりこの美味しさ!!!調べてみると「親から渡されたものじゃなく、自分で選んで買えるものを」というコンセプトがあり、みんなの笑顔がみたいからという理由で発売から約40年間ずっと1本10円のままで販売しているみたいです(;_:) ありがとう!うまえもん!!(うまい棒のキャラクター)

他にも「100円のスナックひとつより、うまい棒10本買った方が楽しいと思ってもらえるように」「なにか10円のお菓子をつくって、子どもたちを喜ばせたい」そんな気持ちが込められているみたいです(;_:) そんな熱い思いが込められたうまい棒だからこそ今でもみんなに愛されるお菓子なのだとしみじみ。

先輩スタッフにうまい棒の思い出を聞いてみると、大人になった今でも大好きで30袋入りのうまい棒を大人買いして、子どもに見つからないように隠れてバクバク食べているみたいです。気分が悪くなってしまうほどに食べるみたいですが、すぐにまた次を食べてしまうみたいです( ;∀;) うまい棒はいつまでも大人を子どもにする魔法の棒でもありますね(^^;)

時代が変わり、モノがどんどん進化を求められていく中で、うまい棒のようにずっと変わらないモノも大切にしていきたいと個人的に思います(^-^)


メンズサロンに置いてある、らんたんも100年以上前から使われているものもありますが、今も変わらずに灯りを照らしてくれています(*^-^*)

私たちの仕事においても、患者様の美のお手伝いをさせていただきたい、喜ぶ顔がみたい。という気持ちはずっと変わらずに持ち、時代の変化に対応しながらサービス、技術の向上に努めていきたいと思います!!! 痩せよう痩せようと言いながら、うまい棒1年分を一瞬で食べつくす先輩スタッフとともにこれからも頑張っていきます(^-^)

※脱毛のコース契約をされている方へ※

コロナウイルスの影響でコースの期限など考慮しますのでご不明な点があれば、お問合せください。

関連記事

  1. お腹いっぱいの韓国社員旅行

  2. 今できることを

  3. 月に1回のお楽しみ(≧▽≦)

休診日のご案内